| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Mixiバブルの再来!?twitterを用いて驚愕の先行者利益を手に入れる禁断のマーケティングツール!!【BigBang】


ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
インターホン越し悲鳴にピンと来ず 大阪・児童相談所の「職務怠慢」(J-CA…

http://tokyo-party.info/
[PR]


インターホン越し悲鳴にピンと来ず 大阪・児童相談所の「職務怠慢」(J-CASTニュース)

やはりインターホンに関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
だが、驚きました。大阪市に関する情報には。
さらに、時間以内はなかなか良さそうです。
しかし実は、村早苗容疑者や相談支援担当課長代理に関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
また、最近担当課長代理に関する情報をよく見かけます。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000005-jct-soci



 大阪市の2児放置死事件で、児童相談所がインターホン越しに長時間続く叫び声という異常な内容の通報を受けながら、張り込みや聞き込みなどをしていなかったことが分かった。



  「(インターホン越しに)泣いたりとか、『ママー、ママー』という声は聞こえたんですけど、なんか『痛い!』みたいなニュアンスの声が聞こえたんで」



■同じ女性から3度通報も、親子に会えず



 フジテレビ系で2010年8月2日放送の「とくダネ!」。現場マンションの2室隣に住む若い女性が、インタビューにこう答える場面があった。女性は、児童相談所の大阪市こども相談センターに通報したというが、「助けてあげられなかった、2人を…」などと絶句し、あふれる涙で言葉が続かなかった。



 同センターによると、3度の通報とも、同じとみられる匿名の女性だったといい、前出の女性がその通報者だったようだ。



 女性から最初に通報を受けたのが、3月30日。同センターでは、その日中に住民登録を確認したが、大阪市西区の分譲マンションの該当部屋は登録にはなかった。母親の下村早苗容疑者(23)が働いていた風俗店の事情らしく、マンション管理会社が又貸しの又貸しをしていた状態だった。



 厚労省のガイドラインによると、虐待通報では、48時間以内に確認を取らなければならない。そこで、センター職員は、多忙の中でやりくりを付け、翌31日に該当の部屋に出向いた。しかし、下村容疑者や2人の子どもには会えず、4月1、2日と3日間連続で家庭訪問した。それでも会えないため、同5日になって、管理会社に電話で問い合わせた。とはいえ、部屋の所有者などを聞いても、「世帯構成は分からない」との回答だけで、まったく情報が得られなかった。



 女性からは、4月8日、5月18日にも通報があった。が、部屋に行っても会えない状態は、変わらなかった。ただ、何度かは、連絡するように、メモを残してきたという。最後の通報の日に行ったのを最後に、その後は、何もしなかった。



■「泣き声だけの通報では、張り込みや聞き込みなどはしていません」



 この事件では、3度も通報がありながら、下村早苗容疑者らが姿を見せるまで張り込んだり、マンションの近隣の部屋などに聞き込んだりしていなかった。なぜ、こうした対応をしなかったのか。



 大阪市こども相談センターの相談支援担当課長代理は、こう釈明する。



  「今回は、泣き声の通報でしたが、こうした通報は、非常に多いんです。調べてみて、夜泣きだったり、子どもがぐずついていたりすることもあります。近所から疑われてショックを受ける人もいますので、風評を流さないよう、泣き声だけの通報では、張り込みや聞き込みなどはしていません。そうするのは、親が大声で怒鳴ったり、子どもを叩いている音がしたりといった場合です。今回は、こうした情報がありませんでした」



 虐待通報は、2009年には300件ほどあったが、その2割が泣き声だけの通報だった。



 ところが、通報した女性は、最初の通報で、泣き声のことばかりでなく、2人の子どもがインターホン越しに「ママー、ママー」などと夜中の長時間にわたって叫んでいたことをセンター側に伝えていた。これは、部屋から泣き声が漏れてくるような状況ではないが、それでも異常だとは思わなかったのか。



 担当課長代理は、これに対して、こう言うのみだ。



  「確かに、こういうことはあまりありません。今となっては、そう言われますと、確認できていなかった、申し訳ありませんとしか言いようがないです。ご指摘の件につきましては、深く受け止めています」



 最後の通報日以降に、何もフォローしなかったのは、様子を見ていたからだという。



 厚労省の虐待防止対策室では、張り込みや聞き込みについて、「確からしさや重要度に応じて、ケース・バイ・ケースで判断するものと考えています」と言っている。強制立ち入りについては、親子が特定されない状況では、憲法上難しいという。





■関連記事

児童相談所は役立たず 子供虐待「強制立入」わずか2件 : 2010/03/05

大阪・2児虐待死「まるで他人事」児童相談所お座なり : 2010/08/02

「及び腰」が子どもを殺す 虐待防止「日本の本気度」 : 2010/03/16

人気グラビアアイドル・紗綾 「15歳のすべて」見せます : 2010/05/07

<ストレス14>他人を変えるのに疲れたら自分を変えてみよう : 2010/08/02


http://tokyo-party.info/
[PR]


【15秒バージョン】


<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>

(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール
|16:02| - | comments(0) | trackbacks(1) | posted by twitternews - -
スポンサーサイト
|16:02| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://twitternews.jugem.jp/trackback/10989
紗綾写真集 さあや11歳の伝説 |会田 我路
紗綾写真集 さあや11歳の伝説会田 我路コアマガジン 刊発売日 2009-06-...
| どうなんでしょうか | 2010/08/07 2:54 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.