| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Mixiバブルの再来!?twitterを用いて驚愕の先行者利益を手に入れる禁断のマーケティングツール!!【BigBang】


ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
第一興商「紙パックリサイクル」 「エコ」通じ来店客と一体感(フジサンケイ …

http://tokyo-party.info/
[PR]


第一興商「紙パックリサイクル」 「エコ」通じ来店客と一体感(フジサンケイ ビジネスアイ)

キャンペーンに関する記事を読んで、非常に興味が湧きました。
いかにも、再生紙原料の話を聞くとおなかがいっぱいになります。
しかしながら、リットルについて、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。全店舗についても同様に。
なお、同社本社と京都議定書に関して、興味があります。
気になったところから言いますと、食糧安保とページは、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/bus_all/fsi/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100718-00000005-fsi-bus_all



 家庭や飲食店などで、牛乳やジュースなどを飲み終わった後に残される大量の紙パック。カラオケルーム「ビッグエコー」を展開する第一興商は、全国の店舗から排出された紙パックを集めてトイレットペーパーに生まれ変わらせ、もう一度店舗で使うという「循環型リサイクル」に力を入れている。9月末までの期間限定で、来店客が自宅から持ち込んだ紙パックを、カラオケ時のスナックやおつまみなどに交換できるキャンペーンも展開。かつてはごみだった使用済み紙パックを企業イメージ向上の“武器”に変えている。



 カラオケルームでは、来店客に提供するジュースなどは紙パックを用いるものが多い。同社の場合、全国の254店舗から排出される使用済み紙パックの重量は年間約11トンに上るが、循環型リサイクルにより全店舗のトイレットペーパーの年間使用量の16%に相当する再生紙原料を提供しているという。



 店舗で中身を使い切った紙パックは、従業員が水ですすぎ、裁断して開いた上で乾燥させる。それを物流会社が回収し、製紙工場に再生紙原料として搬入する。



 ◆主婦が持ち込み



 製紙工場ではパルパーと呼ばれる装置を使って紙パックをふやかし、ポリエチレンやアルミ箔などの不純物を取り除いた後、抄紙機でジャンボロールと呼ばれる原紙をつくる。トイレットペーパーの太さに巻き直され、幅をカットしパック詰めされてから自動で段ボールに荷造りされる。そして再びビッグエコーの店舗に運ばれるという流れだ。製紙会社の技術があって生まれた循環といえる。



 第一興商の使用済み紙パックリサイクルは昨年11月にスタートしたが、今年4月からは来店客を巻き込んだ内容に発展した。来店客が1リットル入りの使用済み紙パックをビッグエコーの店頭に持ち込むと、枚数(5〜20枚)に応じてスナックやおつまみ、パスタ、ピザなどがもらえるキャンペーンを9月末までの期間限定で展開している。全店舗のうち114の直営店で行っており、「月平均で100件の持ち込みがある」(陸川和資・営業推進課長)。特に、昼間や土日の来店頻度が高い主婦層の反応がよく、主婦の集まりである“ママ会”の参加メンバーが数枚ずつ持参しあうことも少なくないという。



 ◆イメージアップに貢献



 「お客さまと一緒にエコに取り組むという一体感」(小田切一央・店舗事業推進部副部長)が消費者に伝われば、カラオケ業界のイメージアップにつながり、経営にとってもプラスとなる。



 リサイクルの取り組みは店舗だけにとどまらない。東京都品川区にある同社本社でも、コピー紙などの紙ごみを細かく分別し、使用済み紙パックと一緒に回収した上で、店舗で使うトイレットペーパーに加工するための再生紙材料に充てている。「今では現場だけでなく、本社も一体となって環境問題に取り組んでいる」と陸川課長。



 同社は京都議定書が発効された2005年以降、環境対応を本格化させてきた。フライドポテトなどを調理するときに出る月7000リットルの廃油を集めて店舗用のハンドソープに加工・再生したり、来店客の残飯を家畜の飼料として再利用したりしている。こうした地道な取り組みに、来店客からは「感心した」などと共感する声も増えているという。



 「カラオケだからこそできる環境対策」が今後、同業他社にどう広がっていくか注目される。(森田晶宏)



【関連記事】

【食糧安保を問う】水産資源を守れ(中)一本釣りに「エコラベル」認証 (1)

【変貌する静脈産業】近未来の産廃処理(13)動植物性残渣 高いリサイクル率 (1/2ページ)

携帯端末回収、6年ぶり増加 “都市鉱山”リサイクルで12%増

新日鉄エンジニアリング 生ごみから再生可能燃料 (1/2ページ)

【開発物語】チンしてこんがり焼き魚 小林製薬の“魔法”の紙パック (1/3ページ)


http://tokyo-party.info/
[PR]


【15秒バージョン】


<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>

(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール
|15:09| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by twitternews - -
スポンサーサイト
|15:09| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://twitternews.jugem.jp/trackback/8271
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.