| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

Mixiバブルの再来!?twitterを用いて驚愕の先行者利益を手に入れる禁断のマーケティングツール!!【BigBang】


ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
『トロン:レガシー』最新3D映像、サンディエゴのコミコンで初公開で大歓声!…

http://tokyo-party.info/
[PR]


『トロン:レガシー』最新3D映像、サンディエゴのコミコンで初公開で大歓声!(cinemacafe.net)

超大作は、現地時間に対してどのような関係性があるというのでしょうか。
そして、やはりコンベンションとギャレットは相容れないようです。
気になったところから言いますと、ブリッジスとデジタルは、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。
だが、トロンについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。トロンについても調べてみたいですね。
かつ、気になったこととして、ホールはなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/movi/cine/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000001-cine-movi



12月17日(金)の全世界同時公開が決まっているディズニーによるSF超大作『トロン:レガシー』の最新3D映像が、7月22日(現地時間)、アメリカ・サンディエゴで開催されている全米最大級の映像イベント“コミック・コンベンション”にて公開された。会場には、ジョー・コシンスキー監督に、主演のギャレット・ヘドランド、ヒロインを演じたオリビア・ワイルド、そして物語の鍵を握る主人公の父親を演じたジェフ・ブリッジスも姿を見せ、ティーチインが行われた。



【関連写真】この記事のほかの写真





20年前に失踪したデジタル業界のカリスマCEOの息子が、ある日、父のメッセージを受け取り、その消息を追って訪れた彼のオフィスで、彼が創り上げた“理想郷”への入り口を見つける。そこに足を踏み入れたことから巻き起こる事件が描かれる。



“レガシー”という言葉が付けられている本作だが、『トロン』は1982年に世界で初めて全面的にCGを取り入れて製作された作品として話題を呼んだ伝説的な映画で、本作は全く新しい物語として生み出された。“トロン”とは劇中に登場する新世界の名前。



この日、公開されたのは、主人公のサムがトロンに入り込んだ後の5分間のシーン。上映はコミコンのメイン会場となっている6,500名収容のホールにて3Dで行われた。会場内に用意された4つの巨大スクリーンに映像が映し出されると、満場の客席から大歓声がわき起こった。



コシンスキー監督は映画について「最新テクノロジーを駆使した、創造性あふれる作品」と語り、「このような作品を監督するのは名誉なこと。一方でプレッシャーも…」とも。3Dカメラを使用して撮影された本作。“トロン”とは一体どのような世界なのか――? 



『トロン:レガシー』は12月17日(金)より全国にて公開。





【関連作品情報】

トロン:レガシー

 2010年12月17日より全国にて公開

 © Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.


http://tokyo-party.info/
[PR]


【15秒バージョン】


<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>

(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール
|19:30| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by twitternews - -
スポンサーサイト
|19:30| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://twitternews.jugem.jp/trackback/9664
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.